守備で最も重要な〇〇力とは?

守備の中でよく言われるのが

『基本を大切に!』というようなことを

よく言われると思います。

 

一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

『守備の基本』と言っても

様々な捉え方があります。

 

『守備の基本はキャッチボールから!』

という方もいますし、

 

『股を割って腰を落として

正面で捕球すること』を

守備の基本という方や

他にも『ゴロ捕球が守備の基本』

という方も居ます。

 

はっきり言います。

そういったことは

基本でも何でもありません。

 

キャッチボールを丁寧にやれば

うまくなるのか?

 

腰を落とせばうまく捕れるのか??

 

ゴロ捕球の練習をすれば上手くなれるのか???

 

もちろんそれだけでは

上達しません。

 

むしろ数をこなせばこなすほど

悪い癖が定着してしまい練習しているのに

パフォーマンスが下がる原因になってしまいます。

 

よくチームの練習などに

お伺いすると、

暴投している選手に

『キャッチボールからしっかりやれ!』

 

ゴロ捕球の練習をしていると

『ゴロ捕球の練習は基本やから大事に取り組め!』

 

ノックでエラーをすると

『基本練習でやったやろ!しっかり腰を落とせ!体で止めろ!』

というような指導者の声がよく耳に入ってきます。

正直に言うと私は内心

『アドバイスそれだけ?』

と思っていました。

 

私も野球を幼い頃から

やっていますが特に小、中、高の頃は

こんな感じの指導を受けていました。

 

ですが選手たちは誰一人暴投したくてしているわけではないですし

エラーしたくてしているわけではないと思います。

 

暴投したなら暴投する原因を

指導者は伝えてあげなくてはいけないですし

選手自身もなぜ暴投になってしまったのかを

考えなくてはいけません。

 

それはもちろん技術的な問題です。

・しっかり胸に投げよう!

・強く投げよう!

・集中してなげよう!

こういった考えは技術的な問題ではありません。

技術的な問題というのは

・リリースの位置はどうだったのか?

・テイクバックの取り方はどうするのか?

・グラブの使い方はどうするのか?

 

こういった事を考えなければいけません。

 

このように一つ一つの練習を

どうすれば上達するのかを

『考える事』が基本なのです。

 

何も考えずに

キャッチボールの数をこなし

大事に捕球することや

大事に投げる事が

基本ではないという事です。

 

あなたはキャッチボールを

ただ大事にこなしているだけで

終わってしまっていませんか?

 

ゴロ捕球の練習を

ただボールを拾っているだけで

終わってし

まっていませんか?

 

そんな練習は

時間がもったいないです!

 

一つの動作を突き詰めて

考えて練習する事を基本練習と言います。

 

どんな練習に対してもどういう動きをすれば

いい結果に繋がるのかを考える事が基本なのです。

 

なので、守備だけが基本練習ではなく

守備以外の練習でも全てがあなたの考え方一つで

基本練習になるのです。

 

ぜひ頭に入れて練習に取り組んでみてください。