打撃 なぜアウトコースが打てないのか?

6 Tool Playersの東です。

 

バッティングの中で

アウトコースが苦手と感じている選手は

多いのではないでしょうか?

 

そこで本日はアウトコースを

打てるようにするための

姿勢』についてお伝えしていきます。

 

試合の中で一番よく相手投手が

責めてくるところといえば

アウトコースではないでしょうか?

そのアウトコースが

簡単に打てれば打率は大きく

伸びますし怖いものがなくなり

自信を持って打席に入れます。

 

ですが簡単にアウトコースが

打てれば苦労しません。

 

そこでアウトコースを打つために

大事になるのが

トップを作った時の上半身の姿勢です!

多くの選手がトップを作った時に

頭が背中側に傾いてしまっている

選手が多く見られます。

 

特に小学生の選手に多く見られる傾向があります。

画像のように上半身が傾いてしまうことによって

アウトコースの球は遠く感じてしまい

・アウトコースに手が出ない

・アウトコースが届かない

・アウトコースの球を強く打てない

というような状態になってしまいます。

 

ではどのように改善していけば

このような悩みを改善できるのか?

続きはこちらの動画から

ご参考にしてみてください!

↓↓↓