飛距離爆伸び!!○○の使い方とは?

Six Tool Players

チーフベースボールオフィサー

東弘明です。

気温も高くなり本格的に

野球シーズに入りましたね!

 

また新入学生の皆さん

おめでとうございます!

 

さて本題ですが

あなたは飛距離を伸ばすため

何を意識して取り組んでいますか?

 

・とりあえず強く振る!

・腰を回す!

・フォロースルーを大きく取る!

・俺は筋トレでとりあえず体を大きく!

・打球の角度を上げる!

・ボールにスピンをかけて飛ばす!

 

などなど

様々なことを選手の皆さんは

意識しているのではないでしょうか?

 

実際にサポートさせて頂いている選手に

飛距離を伸ばすために

何を意識しているか質問すると

上記のような内容が多く返ってきます。

 

ですが

上記で挙げた内容は

改善するというよりも

自然とそうならなくてはいけないものなのです。

(筋トレは少し違います。笑)

 

その中で今回は

『腰を強く回す』という点について

お伝えしていきたいと思います。

 

腰を強く回す!という意識を持っている選手は

多いのではないでしょうか?

 

ただ腰を回すといっても

『回し方』が重要なのです!

 

腰を強く回そうとすると

多くの選手が下記画像のような

状態になります。

 

 

このように

軸足側の骨盤の位置がキャッチャー方向に

下がってしまっている状態になる選手が

多く見られます。

 

このような状態になると

バットが出てこず

腕の力でバットを出そうとしてしまいます。

 

もうお分かりだと思いますが

悪い例のような状態になると

飛距離は出ないし、目線がぶれてしまい

そもそもボールを捉えることすら

難しい状況になってしまいます。

このような状態になっている選手は

多く存在します。

 

特に小学生の体の小さい選手に

多く見られます。

 

やはり体が小さい分

遠くに飛ばしたいという気持ちから

骨盤の位置がずれてしまい

悪い例のような状態になりがちなのです。

 

あなたはこのような状態に

なってしまっていませんか?

 

ではどのように

骨盤を使っていけばいいのか?

 

まずはこちらの画像を

ご覧ください!

 

 

こちらの画像では

軸足側の骨盤前足側の骨盤の位置

同じ高さで回転しているのがお分かりでしょうか?

 

良い例のような腰の使い方が出来ることによって

バットもスムーズに出てきますし、

ボールの軌道に対して

真っ直ぐバットが出るので

スピンのかかった打球が打てるようにもなります。

 

更に骨盤の位置が安定しているため

インパクト時のパワーも

段違いに変化するので

飛距離も大きく変わってきます。

 

身体が小さい選手でも

この腰の使い方が出来るようになれば

飛距離爆伸び!

柵越えホームラン連発夢ではございません!

 

あなたも是非一度この腰の使い方を

チェックしてみてはいかがでしょうか?